自動車周りのものづくりに携わりたいなら押さえておきたい事

自動車を一台生産するためには数万点の部品が必要であり、どの部品が欠けても自動車の走行に支障が出ます。
自動車製造業者は多くのサプライヤーから部品供給を受けて、自動車を組み立てる企業で、自動車周りの部品製造業者は依頼された部品のみを製造しサプライヤーとして供給する企業です。
近年、目覚ましい発展を遂げる自動車のテクノロジーで、ハイブリッド車や水素燃料を使用した自動車など、今後さらなる発展を繰り広げることは間違いないです。
ただ、そうなると今までのシステムと違うテクノロジーで車が走るようになると、今までのサプライヤーは仕事を失うことになる企業も多いです。
例えば、タイミングベルトからタイミングチェーンに変わるとベルトの消耗がなく交換も不要となります。
エンジンがモーター化すれば、パワートレイン関連サプライヤーはすべて必要なくなます。
ただ、完全モーター化は今のところ考えられず、代替燃料やハイブリッドの技術が進むことは間違いないです。
このようなテクノロジーの変換期に新たな部品開発をし、常に新しいことに取り組むサプライヤーが今後の生き残りという点で有利であります。
企業の成長は、売り上げと利益が伸び続けることが大切で、その会社に将来性があるか無いかでそこで働く意味が変わります。