材料工学

自動車と言うのは、現代では大変に複雑な機械となっていて、様々な学問の応用がそこにはなされています。その中で、自動車が発明された時点からずっと、絶え間なく応用された学問があります。それは、材料工学と言う学問です。この学問は、どんなことを研究している学問かと言いますと、その名の通り材料です。何の材料かと言いますと、主には構造材に使う材料について研究する学問です。この学問では、自然にただ単に存在している鉄鉱石などの物質を、溶鉱炉で溶かし、精製することで、様々な機械に使用することができる様々な鉄鋼材料を生みだすための方法などを研究します。
それが自動車にどのように応用されるかと言いますと、鉄鋼材料の中でも、精製され、薄く引き伸ばされた鋼板は自動車のボディーに使用されますし、鍛錬された部材は、自動車の骨格となるフレームを形作ることになります。
そして、この学問では、単に鉄鉱石を鉄鋼材料にする方法を研究し、それを工業に応用するだけではなく、新しい材料を求めて、様々な研究を行います。その応用として、現在の自動車では、同じ鉄鋼材料を使っていると言っても、100年前の創生期の自動車に用いられている鉄鋼材料とは、加工方法も異なりますし、強度面でもはるかに強くなった材料が使われているのです。

Comments are closed.