もの作りと為替の関係

もの作りを行っている製造業というのは、為替がどう動くかによって業績が大きく左右される面があります。とくに自動車産業は、円高に振れてしまうと大幅な赤字を計上しなければいけなくなってくる特徴があります。リーマンショック後の円高局面では、日本の大手自動車メーカーでは業績が大幅な赤字に陥るところが相次ぎました。日本の自動車メーカーでは、まだ国内でのもの作りの拠点を多く持っています。そのため、自動車を輸出する場合には、円高になってしまうと海外での自動車の実質的な価格は上昇してしまいます。しかし、自動車の販売価格は簡単に引き上げられないため、業績が悪化することになってきます。また、日本以外の通貨の安くなった国の自動車メーカーでは、自動車の販売価格を下げることで日本車のシェアを奪おうとすることが起こってきます。したがって、日本の自動車産業にとっては円高は大きなマイナス要因となってきます。逆に円安となってくると、自動車産業の業績は急拡大をすることになります。輸出をする際の実質的な自動車の価格が下がることで、収益が押し上げれることになってきます。円安となって自動車メーカーの収益が回復すると、日本国内でも設備投資を増やす動きが出てくることになります。

Comments are closed.