自動車に使われている学問について

自動車に使われている学問と聞いてあなたは何を思い浮かべますか。あまり車に詳しくない方でも工学、電子工学、化学、力学、熱力学などが使われていることはある程度、想像できるかも知れません。ご存知のように車は数万点の部品の集まりにより作り上げられた結晶ですから、あらゆる部品の製造過程の中で使用される学問、つまり技術根拠の元に成り立っているということです。特に工学、力学は車の心臓部と言えるエンジンを構造するためのものです。エンジンは御存知の通り、ガソリンが爆発し、その爆発力をピストンに伝え、そのビストンの動きがモーターへと電動し、各シャフトを通じてタイヤを回転させる。さらには力学、効率良くエンジンの回転を動力へとつなげる、摩擦や振動、様々な動きを無駄なくスピードにつなげることが大切です。さらに電子工学、こちらはバッテリー関係になり、配線から電力を正確につなげること、照明などダイナモに溜められた電力を光信号に変える動きも必要となります。このように様々な専門学を学んで来た方々がエンジニアとなり各専門部品を製造する、そこには性能の向上のみならず、あらゆる危険性を把握する必要もあります。専門学を学ぶことはそこも含みます。

Comments are closed.