電気自動車の動向

日本の自動車メーカーの中では、世界に先駆けて電気自動車の量産化に成功したところがあります。そうしたメーカーでは、世界での販売を伸ばしていこうとする動きが出ていました。しかし、現状の販売動向としては、当初の思惑よりも低調に推移している結果となっています。販売が低調になっている要因としては、まず本体価格が割高になっていることが挙げられます。国などからの補助金を含めても、ガソリン車よりは高くなっているために購入者が増えない面があります。そこで、大手の自動車メーカーでは本体価格の引き下げを行って、需要を喚起する動きが出ています。次に普及が進んでいない要因として、電気を充電できる急速充電スタンドの設置が進んでいないことが挙げられます。充電スタンドが少ないことから、遠出をするには不便な自動車になっている状況が生まれています。しかし、充電スタンドは車が普及していくと自然と増えていくことが期待されています。さらにここ数年ではガソリン価格が落ち着いていたことも、普及を妨げる要因となっています。しかし、ここへきてガソリン価格は上昇してきているため、普及に弾みが付く可能性も出ています。また、中国などでは大気汚染の問題解決のために、クリーンな車の普及を後押しする動きが強まっています。

Comments are closed.